手続き上の違い

リースと購入では、会社の経理上の精算や、手続きの仕方も違います。たとえば、リースを利用したコピー機の費用は、経費として扱うことができます。ここがリースのほうが得であるといわれている所以です。経費で扱うことができれば、節税対策に有効だと考えられているからです。所有しているのはリースしてくれる会社なので、減価償却、固定資産税などの手続きが不要となります。逆に購入すれば、これらの手続きが必要になり、初期費用や手間が増えてしまいます。

また、リースであれば月に使う料金が決まっています。かかるコストがわかりやすく、費用の計算もしやすいです。購入であれば、急に壊れてしまった場合など、修理などで予期せぬ出費の可能性も考えられます。

ただ、よく考えてほしいのは、購入するときに比べて割高になる可能性もあるということです。リースは初期費用や突然の出費はほぼありませんが、それはリース代金に手数料や税金、保険料などが含まれているからです。

また、リース契約をするときは、一定の審査があります。これに通らなければ、利用することができません。ただし、リース会社によって審査基準は違うため、ひとつ落ちたからといって、全部に落ちるとは限りません。気になるのであれば、どこかで試しに審査してみるとよいでしょう。