コピー機の所有者の違い

会社で備品を導入する際には、購入するか、リースするか、レンタルを利用するかなど、いくつかの方法があります。どれにもメリット、デメリットはありますが、導入する機材によっても変わってくることでしょう。ここでは特に、コピー機の導入にあたって、購入とリースでどう違うか、それぞれのメリットや内容を検証します。

コピー機を導入する際、たいていの会社は購入でなくリースを選びます。なぜなら、そのほうが、メリットが多いと考えられているからです。しかし、考えられているだけで、それぞれにメリット、デメリットは存在します。

一番の違いとしては、所有者が違うというところでしょう。購入すれば、個人か企業が所有者になりますが、リースの場合は会社で所持できても、あくまでリース先が所有者ということになります。大げさにいえば、コピー機を今後どうするかを決めるのも、リース先ということです。企業側は年単位で契約し、その料金を支払うことになります。これは途中で解約できないため、どうしても解約する場合でも、利用する予定だった分の料金を払わなければなりません。短期で利用してあとで売る場合などは購入がよいでしょう。

ただ、所有しないということは、維持費や修理費がかからず、余計な手間をカットできるということもあります。また、コピー機は購入の際にいろいろなオプションをつけたり保証をつけたりと初期費用が掛かりますが、これがリースでは必要がありません。