どちらが得か

リースと購入、どちらにもメリット、デメリットがあり、さまざまなところに違いがあります。この2つ、いったいどちらが得といえるのでしょうか。ひとつだけいえるのは、企業の状況や、出せる予算の額、利用方法などによってどちらがよいかを判断する必要があるということです。

たとえば、購入するのであれば、まとまったお金が必要になります。購入できる余裕があるのであれば、購入するほうがよいかもしれませんが、費用をあまり出せないのであれば、月割で支払うリースのほうが便利でしょう。利用したいコピー機の機能性も争点の一つとなります。リースの場合はほとんど新品しか利用できず、中古品は難しいです。具体的に使いたい機能やブランドが決まっている場合で、それがそれほど新しくないものであれば、リース利用は難しいかもしれません。

それから、使い続けるかどうかも判断基準の一つです。リースは一度契約してしまえば、解約することができません。だいたい5年ほどは使い続けなければならなくなってしまいます。もしも利用する期間が数年でよい場合や、そんなに長く使う予定がないのであれば、購入のほうが結果的に、料金が安くなる可能性があります。使用期間の予定が短く、機能性にそこまでこだわりがない場合は中古コピー機を購入する選択肢を検討してみるのも良いでしょう。最近では中古品でもしっかりとしたメンテナンスを行っている業者もあります。購入後の保守サービスがある場合もありますので中古品で探す時は業者サイトなどをチェックして信頼できる会社がどうかしっかりと見極めましょう。

以上のように、リースと購入は利用方法によってメリットや負担になる要素が変わります。現状の予算や使う期間の予定などを想定してどちらかを選ぶことをおすすめします。

関連リンク【中古コピー機の販売|OAランド